顔の脂漏性皮膚炎にワセリンや馬油は治療効果はあるのか?

顔の脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)の対処法というのかケアとして、ワセリンや馬油をすすめているサイトは多いです。

 

脂漏性皮膚炎 ワセリン 馬油

 

そういうこともあって、私もワセリンと馬油はどちらも試したことがあります。

 

ワセリンや馬油は肌に刺激を与えないということで、アトピー肌や敏感肌の人でも使うことができます。

 

顔の脂漏性皮膚炎も敏感肌やアトピー肌の人に多く、そういった意味でもおすすめされるのだと思います。

 

ワセリンと馬油の脂漏性皮膚炎への効果

 

私が使ってみた効果や感想はというと、皮剥けや粉吹きなどの症状は抑えられます。

 

しかし、小鼻の周りやおでこの赤みには殆ど効果がありませんでした。

 

それはワセリンも馬油も同じような感じでしたが、馬油に関してはむしろ赤みは悪化したようにも感じました。

 

それと、ワセリンも馬油も塗ることにより肌がギトギト、ベタベタでテカテカになってしまいます^^;(特にワセリンのほうが)

 

だからと言って少量だけ塗るということをすると、皮剥けや肌のガサガサを抑えることができなくなります。

 

周りからみても何かを塗っているというのが分かってしまい、ワセリンを塗って外出するのは気が引けました。

 

ガサガサの肌かテカテカの肌どっちがマシか?という感じです^^;

 

女性の方なら化粧をすれば大丈夫なのかもしれませんが、ワセリンを塗った後に化粧するのはけっこう厳しいと思います。

 

それともう一つ問題があったのは、ワセリンや馬油を使うと毛穴の詰まりや黒ずみが酷くなるという点でした。

 

洗顔料を使っても毛穴には残ってしまう感じで、ワセリンを使い続けると毛穴がどんどん目立つようになっていきました。

 

顔の脂漏性皮膚炎を治すのにオススメのスキンケア

 

結論から言うと顔の脂漏性皮膚炎にワセリンや馬油を使うのは、否定はしませんがおすすめもしないという感じです。

 

肌に刺激を与えないので脂漏性皮膚炎の症状が悪化はしませんが、だからと言って治療効果があるわけでもありません。

 

それと塗ると外出しづらくなりますし、毛穴の詰まりが酷くなる(私の場合は)という別の問題が出てくることもあります。

 

使うとしたら皮剥けや粉吹き、乾燥が酷い所に部分的に少量を塗るといいと思います。

 

症状の対処には使えますが、顔の脂漏性皮膚炎の治療にはならないということです。

 

もし、脂漏性皮膚炎による皮剥けや粉吹き、ガサガサを改善したい場合は敏感肌のための、本当に正しいニキビケアの実践がおすすめです。

 

このスキンケア方法であれば、顔の脂漏性皮膚炎の症状を改善でき、皮むけや粉吹きなどの症状もなくなることで、ワセリンや馬油なども不要になると思います。

 

脂漏性皮膚炎 ワセリン 馬油

 

私はこのスキンケア方法を実践したことで、顔の脂漏性皮膚炎をかなり改善できたのでオススメです^^

 

顔の脂漏性皮膚炎が治った 敏感肌のための、本当に正しいニキビケアの詳細はこちら

 

敏感肌やニキビだけでなく、脂漏性皮膚炎でお悩みの方にも試してもらいたいスキンケア方法です!

 

私の顔の脂漏性皮膚炎が治った詳しいことはこちらで書いています。

 

顔の脂漏性皮膚炎 治し方 顔の脂漏性皮膚炎の治し方

 

紹介したスキンケア方法についてのことも書いているので、是非読んでみてください。

 

顔の脂漏性皮膚炎を治したい場合は是非参考にしてみてください。