顔の脂漏性皮膚炎を治すのにあぶらとり紙?

皮脂の異常分泌によりカビや顔ダニが増殖して
顔が脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)になると知り、
私が取り組んだ治療法の一つに

 

あぶらとり紙で顔の皮脂を小まめに取る

 

という方法がありました。
もはや自分が考えたので治療法とも言えません・・・

 

脂漏性皮膚炎 あぶらとり紙

 

皮脂を小まめにとることで菌の増殖が防げると考えたのです。
1日に20枚くらいあぶらとり紙を使ってた時もあります。

 

効果ですがほとんどありませんでした^^;
脂漏性皮膚炎の症状が
悪化するということはなかったんですけど、
時間とお金の無駄でしたね。

 

脂漏性皮膚炎を治すには皮脂の分泌を抑えることが大事?

 

顔の脂漏性皮膚炎は皮脂が多く分泌することが問題のようで、
分泌してから脂を取っても治すことはできないようです。

 

あぶらとり紙でなく殺菌効果のある
洗顔シートなどを試したこともありました。

 

洗顔シートの場合は脂漏性皮膚炎の症状が悪化してしまいました。
顔の赤みが酷くなってしまったんです。

 

エタノール(アルコール)が含まれているので、
使った直後はサッパリしますが、刺激により
皮脂の分泌量が逆に増えてしまうようです。

 

実際に私の場合も洗顔シートを使った場合は、
その後にまた顔がテカるは凄く早かったですし、
続けるほどに皮脂量は増えていきました。

 

洗顔シートに限らず、
化粧水や保湿クリームなどの基礎化粧品でも、
合成界面活性剤や防腐剤などの添加物の影響で、
続けるほどに顔からの皮脂の分泌が増えてしまい、
顔の脂漏性皮膚炎は悪化していく傾向でした。

 

それは保湿化粧品であっても同じで、
保湿したからと皮脂量が減ることは決してなく、
脂漏性皮膚炎を治す効果も期待できません。

 

脂漏性皮膚炎が治ったスキンケア方法は?

 

顔が脂漏性皮膚炎になる人の多くは油肌なので、
本来の目的のテカりを抑える為にあぶらとり紙を使うのは
問題ないように思いますが、治す為に大量使用しても意味はないです。
(あぶらとり紙で治そうと考えるのは私くらいだと思いますが^^;)

 

私はスキンケアの方法の改善により化粧品に頼らず
顔の脂漏性皮膚炎を治すことができました。

 

私が顔の脂漏性皮膚炎を完治できたスキンケア法がこちらです。

 

顔の脂漏性皮膚炎が治った 敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

 

こちらのスキンケア方法は、ニキビケアとなっていますが、
ニキビだけでなく脂漏性皮膚炎の改善も期待できるスキンケア方法です。

 

皮膚のメカニズムを考慮した方法なので、
実践することで肌が健康になり、
肌トラブルを改善できる可能性があります。

 

実際に私もこのスキンケア方法を実践していくにつれ、
顔の皮脂量が減り脂漏性皮膚炎の症状も改善していきました。

 

方法はシンプルで続けやすいのでおすすめです。

 

顔の脂漏性皮膚炎が治った 敏感肌のための、本当に正しいニキビケア

 

顔の脂漏性皮膚炎でお悩みの方は是非実践してみてください。

ブログランキングに参加しています

応援クリックして頂けると有難いです^^